参考商品3種

特殊な作業にかかれる位に気力が充実してきたので、早速猟の師匠、タツさんに一年越しぐらいで頼まれていた、作業をしました。


クマタカの羽
チェコ製16号マイクロビーズ使用。
e0114851_12124433.jpg



ツキノワグマの牙
チェコ製16号マイクロビーズ。
e0114851_12153721.jpg



ツキノワグマの爪
アンティーク・イタリアン(ヴェネチアン)12号(チェコビーズ換算)使用(透明青のみフレンチ・アンティーク)。
e0114851_12162630.jpg



すべて個人オーダーであり、参考作品として見て頂きたいのですが、例えば「山で拾った羽根に細工をして欲しい」といったオーダーは受け付けております。
ただし、盗んだ羽根だとか、お金を出して購入した本来禁輸のイヌワシ(ゴールデンイーグル)の羽根だとか、不法な狩猟で得られたモノ等、不正なモノはお断りします。そういったものは羽根の荒れ具合、軸の様子等で一目見ると分かります。

また、熊の爪のネックレスに関しては、タツさんから預かっているものがまだ幾つかあるので、販売に回せるかなとは思います。
ただ、安価に売る積もりは無いし、持ち手にも相当な気合いと覚悟の要るものなので、どんな風に売る(?)かを悩んでいます。

例えば、僕は猟師なのに情けない話ですが、熊やイノシシの野生肉が体質に合わなくて、食べると高熱を出します。それでも最後まで食べ切って、最後の数キロは拒絶反応が出なくなりました。その時に「ああ、お互いが一体化したんだな」と思いました。
アクセサリーの場合は向こうから人を選んで来ます。恐らくこの爪はあなたに真摯でストイックな生き方を強要してくるでしょう。ラコタ社会でもワシの羽根は力があるから、それなりの者で無いと持てなかったのと同じです。

そういったものを引き受ける覚悟があって、是非欲しいという方いらしたら連絡下さい。
ツキノワグマは絶滅寸前で全国的にほぼ禁猟だし、僕の師匠、阿部達也さんに関しては工房雑記で何度も触れていますので、この爪がどれだけ貴重なものであるか、分かって頂けると思います。

なお、申し訳ありませんが、誰がどうやって獲ったか分からない動物のパーツの加工等は勿論の事、キチンとした駆除や頭数制限等の計画無く単なるゲーム・ハンティングで獲られた動物(肉や毛皮等を利用する為に獲られたものを除く)、供養の志の無い方の獲られた獲物のパーツの加工は固くお断りします。
[PR]
by oglala | 2009-08-08 12:21
<< Chain~雷神~ indian doll ear... >>