チェイン新色(magic monkey)

先日、オス猿3人が村に出没し、依頼で追い払いに出動しました。
ほどなく3人を確認。一件の柿の木に上がって柿を穫っています。
しばらく観察していると、もいだ柿の実を持って、駐車場の日陰の土間の、少し台になった所を椅子にして、座って両手で抱えて食べています。
不謹慎ながら、あまりの愛らしさに時が止まりました。
残暑の厳しい日でした(残念ですが、勿論追い払いました)。


さて、サルと言えば、monkey magicではないでしょうか。
ギアをサードに入れて、錆だらけのジムニの窓から入る風に吹かれながら、

♪ born from an egg on a mountain top ♪

と、実際は、なんちゃ〜ら な〜んちゃ〜ら な〜ん ちゃ ちゃ、 と唄いながら追い払いから帰っていると、今から作業をしなければならないチェインの柄が、まさに電光の様なイメージであらわれました。

それに基づき、新しいチェインの柄が出来上がりましたのでご紹介致します。

magic monkey ~orochi~
e0114851_12521266.jpg

magic monkey ~monkey magic~
e0114851_12523874.jpg


本当はオロチが先に出来ました。ですが、意図と少し違い、どちらかというと、安重・清姫伝説の清姫とか、ラフカディオ・ハーンの怪談・奇談の、雪女とか、あと、主に奇談によく含まれている様な、静かな青い炎がごく僅かに揺れる様な、そんな日本的なゾッとするような気配を持つチェインになりました。肌合いも、薄い透明のピンクを使ったにもかかわらず、どことなく青白い白ヘビの気配を漂わせているので、名前をorochiといたしました。
身に着けられる方は、夜中に首を絞められない様、ご注意下さい。浮気をせずに約束を違えず、愛情をかけ続けるなら、あなたをどんな災いからも守ってくれるかもしれません。

monkey magicの方は、説明が要りませんね。別名、マチャアキではないでしょうか。サル類はラコタには居ないと思いますが、洋の東西を問わず、神聖視されている動物の様です。特に東洋では幾多の伝説や信仰の対象です。ニホンザルも、ハンターが追いつめると、両手を合わせて拝む様なしぐさをする様です。どこの地域のものでもそうするらしいので、きっと追いつめられた時の何らかの防御姿勢なのだろう、といわれていますが。
僕も、いつも、噛み付かないで良い相手に食って掛かって損をしているので、言わザルを実戦するために、このチェインに願いをかけて持つ必要があるかもしれません。

なお、両チェインともに、入手出来ない特殊な色を使っており、そのビーズが無くなり次第、制作を終了いたします。



就農者では無い私にとっては、野生動物の追い払いは正にボランティアですが、それでこの新色が出来たのですから、まんざらでもないというか、充分元はとっている訳です。
[PR]
by oglala | 2011-08-31 13:24
<< key holder neck... 商品出荷のお知らせ〜 naps... >>