key holder necklace w/osprey feather

key holder necklaceの問い合わせが多いのですが、あれは鉄砲庫等の鍵を入れるのに良いサイズ(7.0cm x 3.5cm)で、一般的な家の鍵を入れようとすると、二重カン等が付けられず、革ひもを直接鍵に結ぶ事になります。
そこで10cm x 5cmのバージョンを作ったのですが、元のデザインのまま大きくしても、あれはあの大きさが良いのであり、どうもピンと来ないので、横の縫いを革ひもで大きく留めることで、大きくても違和感ない形態にして、それにあったデザインにしました。
それで仕上がったのを見ているうちに、フェザーを付けたくなり、ミサゴの羽根を装着。
さすがに本物の鷹の羽根、ブレインタンに年代物のビーズのコラボ。本当の昔のラコタ族のネックレスの様な雰囲気になりました。
e0114851_16475780.jpg

e0114851_16481797.jpg

シンプルに作れば作る程、猟をやったり山に住んだり、といった価値観が投影されるし、こもる凄みもある様です。
誰かが、私自信であっても、これを真似て同じものを作っても、ペラペラなものになってしまうでしょう。
第一、こういった作品は複数作っても苦痛なだけなので、これ一つのみです。
一応、価格は24000円を付けようと考えてますが、本当は売る気が無く、いつまでも工房にぶら下げて眺めていたい、というのが正直な気持ちです。

そんなことばかり言ってると、仕事になりませんね。

なお、羽根を使っているので、実際に酷使するには向いていません。オーナメント的に考えて下さい。
[PR]
by oglala | 2011-09-03 17:17
<< round key holde... チェイン新色(magic mo... >>