糸の話

NYMOという、ラコタの材料屋で、もっとも入手しやすいビーズ細工専用糸を使っています。
名前が名前なので、ナイロンなのでしょう。
普通の糸の様に捩っていないので非常に使いやすいです。時々本当の動物の腱(genuine sinew)を使いますが、繊維の集り具合が良く似ているので、それを模した、革細工等によく用いられる模造腱(imitation sinew)から端を発した糸なのかな、と思っています。
NYMOは非常に強度の高い糸で、使っている印象では、genuine sinewに匹敵します。

nymoは基本が白であり、弊社も8割方の商品に白糸を使います。それでも、ものによって黒糸が合うときは黒を使うのですが、染色の都合なのか、同じ太さの糸でも白以外は若干細く弱くなっている傾向があるので、どちらを使うか迷う時には白糸を使います。
e0114851_1531133.jpg

現在作業中のチェイン、japanese thunder snakeシリーズのマムシは黒糸を使いますが、9割方出来上がった時点で、白糸を使ってしまっていたことに気付き、力が抜けてしまう事があります。

まさに今回がそれで、現在、泣きながら糸を解いていっています。
[PR]
by oglala | 2011-09-08 15:03
<< 商品出荷のお知らせ〜New D... チェコ・ビーズの値上がりについて >>