協同制作

協同制作といえば、FUNNYさんとのモカシンが多いのですが、あれはなかなか制作が大変なので、今は実質、よほど是非にという客注でないと、受注を止めてもらっています。
協同制作というのは、相手との信用や、相手の技量の見切りがないと成り立たないので、制作担当者が短期間で変わる大手企業とのものは本当に難しいです。
有難い事に、モカシン・ファンは沢山いらっしゃるので、なんとか頑張ろうと思いますが、今後の方向によっては無くなるかもしれません。

さて、そんな協同作業はFUNNYさんとだけではありません。
こちらは高知県はWHOLさんの岡林さんとの協同制作。財布です。
e0114851_221714.jpg

指定のサイズにビーズを施し、それを岡林さんに渡して、財布として完成させてもらいます。
これは客注で、WHOLさんの商品という扱いですが、近いうち、今度は同じく岡林さんとの協同制作で、OGLALAの商品という扱いの財布を制作いたします。

作り手が変わらない協同制作、というのは楽しいです。
自分だったらこう仕上げるけど、岡林さんだったら、こうかな?とか、想像していたら、それ以上になったりだとか。安心感はもちろん、仕上がりが楽しみなのです。

今現在も協同制作の財布(WHOLさん扱い分)の製作中です。
相当気合いが要るのを製作中です。
[PR]
by OGLALA | 2011-11-29 22:26
<< ウェブ・ショップ準備中 商品出荷のお知らせ〜 naps! 〜 >>