革ひも及び小物製作用ブレインタン完成

諸事情あり、遅れに遅れておりました、革ひも、および小物用のブレインタンが鞣し上がりました。ご予約および、medicine necklace pouch等のご注文をお待ち頂いておりました皆様、誠に申し訳ございませんでした。明日より、順次キャンセル確認等のご連絡を入れさせて頂き、ご確認頂けました方より制作に入らせて頂きます。どうかよろしくお願い申し上げます。

また、革ひものご注文に関しては、あと10本少々ほど余裕がありますので、ご入用の方はこちらまでメールにてご連絡下さい。

新しい革について
2011年11月9日捕獲(有害鳥獣捕獲にて)。
捕獲方法:スラッグ銃
捕獲者:岡居宏顕
射撃部位:首(頸椎)
ニホンジカ、雄、推定3歳、この地域にしては比較的大型。
非常に、今まで経験が無い程にしなやかで強靭な皮でした。途中、本当に鞣せるのか怖くなったのは初めての経験でした。しかしながらやってみると、いつも通り2回のソフトニングにて仕上がりました。今回の特筆すべきは、鞣し液を、この鹿の脳みそのみで鞣し上げた事です。
なお、ブレインタンは通常、柔らかくし過ぎると革ひもには向かない様になりますので、僅かに張りを残して鞣し上げています。
また燻製をかけてタンニンを細胞内に定着させておりますので、水にもある程度は耐えます。詳しい弊社ブレインタンの特性はこちらをご覧下さい。
この鹿も頸椎を撃ち(この段階で痛みは感じないらしい)、すぐにトドメを刺したので、おそらくほとんど痛みは感じさせないで済んでいると思います。
[PR]
by oglala | 2013-12-20 21:16
<< turtle mini pou... 新商品情報(オンラインストア入... >>