パイプケース入れ

FUNNY IKSPIALI店よりの客注。パイプケース入れ。
e0114851_14491444.jpg
e0114851_14492652.jpg

柄はお客様からの指定。この柄は上手くはまるととても良いのだけど、失敗すると、どうしようも無い、両刃の剣の様な柄。頭の中でこねくりまわして、結局マチを作ったりファスナーを着けたりしてしまうと、ファンシーになり過ぎて駄目と結論した。
そこでマチを作らずにフタもヒモ留めで考えてスタートしたのだけど、そうなると内容物にピッタリ沿わせる型紙を作るのが難しく、逆に沿わないと格好悪い。何度もベロアで試作して、底面がピッタリと沿うラインを出せた。
が、一番大変だったのはフタと中の沿いで、キツイと取り出しがしんどいし、緩いと簡単に落ちてしまう。そこで何箇所かに隠し縫いを入れて、形を整えて、あとはビーズの糸のテンションを考えて、そこから出る縮みを勘で計算して大きめに作った。
結果、ヒモを留めなくても落ちにくく、取り出しも不便でない様、シェル状の巻き込み形に仕上げる事が出来た。
また、ケースは縦で自立が出来る様、パイピングをわざと省いて、巻き縫いにした。
e0114851_14503319.jpg

下に被るフタの端にビーズが無いのは、パイプケースを傷つけない様。また、フタの横に一部ビーズが無いのは、後々糸が弱くなって来た時のトラブルを避けるため。
e0114851_14523919.jpg

内容物であるパイプケースと。
e0114851_1455277.jpg

[PR]
by OGLALA | 2007-07-12 14:55
<< Round Keyholder... 久々の商品 >>