キアゲハ

またしても作業日誌をさぼってしまった。
載せなければならない商品がたまっているので、出来るだけ頑張って載せていきます。
e0114851_21322610.jpg

e0114851_21323939.jpg

これはFUNNYとのコラボで、キアゲハの柄。

FUNNYのお客さんからは蝶のリクエストをもらう事が多い。
以前は、僕自身が蝶に関して何にも感情が無かったので、蝶の柄を作るのが本当に下手で、自分が満足出来なかったので、「どうしても」というお客さんに限って作っていたのだけど、これでは駄目だと、当時パソコンを持っていなかったので、2ヶ月位か、沢山の図書館に通って、膨大な資料をコピーして帰り(笑)、それでようやく、この現在のキアゲハのデザインを作る事が出来た。

それでもやっぱり別に蝶が好きでもなければ嫌いでも無かったので、製作するのは苦痛を伴っていた。出来上がりを見ても、自分自身が愛着を持てなかったのだ。

それが、現在の家に越して来て、鳥や花の写真なんぞを撮っているうちに、蝶にも目が行き始め、気がついたらこの柄を製作するのが苦痛ではなくなり、かえって楽しい様になってきた。
だから、きっと当時作ったものより、今作ったものの方が、楽しそうに見えるのでは無いかな。
少なくとも作者としては満足だ。

それに、この柄を完成させるまでに費やした労力は半端ではなかったので(*)、これからFUNNYさんには沢山注文を取って頂きたいと、真剣に願っている。


(*)どうやっても空想で作る事が出来なかった(理想にする蝶の姿が無かった)ので、具体的な蝶を作る事にしたのだけど、図鑑の写真をそのまま真似てもどうもおかしな蝶になった。そこで植物園に通ってじっと蝶を見ていて、そもそも展翅(翅を開いた状態)でアゲハが居る事自体が不自然な事に気付いた。そこで、なんとかバランスが良い様に片翅の状態にデザインする事にした。ボディーに関してはそこからが大変だって、翅がリアルな分、どうしてもボディの柔らかさをビーズで出せずに試行錯誤を続けたものの、半ば諦めていた。が、蝶の写真を撮り始めて蝶を可愛く思い始めたある日、オーダーが来て作ってみたら、非常に素直に作る事が出来たので非常に驚いた。この様に、作者がそのものに対して、なんらかの感情を持たなければ、なかなか作れるものでは無いのだ。そういう意味でも、本当に蝶には苦労させられた。
[PR]
by oglala | 2007-12-15 21:48
<< 原点回帰 Peyote Bangle -L- >>