カテゴリ:仕様変更等のお知らせ( 9 )

価格変更のご案内

6月1日受注分より下記商品の価格が変わります。

medicine necklace pouch
e0114851_1849167.jpg

旧価格5000円より新価格6500円へ。

turtle mini pouch
e0114851_18493550.jpg

旧価格3600円より4800円へ。

chain
e0114851_18504899.jpg

旧価格35000円より38000円へ。


medicine necklace pouchとturtle mini pouchに関しては、当初余り革の有効活用の為に制作を開始した、サービス商品としてスタートし、価格を変更せずに今日まで来ました。

しかしながら大変に好評を得、しばらく前から、それ専用に革を鞣さなくてはならなくなりました。
それでも価格を変更せずに頑張って来たのですが、つい先頃のモデルチェンジが好評で、さらに受注量が増加しました。

ニホンジカは小さいため、最大の鹿でも、半裁の状態で30個のポーチが取れたら良い方です。
そして、これらの商品は材料代を計算に入れていなかったので、制作すればするほど赤字・・・という事態になりました。
というのも、全てを天然材料で手作業で鞣す、私の最も古典的な脳漿鞣し(ブレインタン)には本当に膨大な時間がかかります。
それを分かりやすく、ハンバーガーショップの時給で鞣しをやったとしたら、一頭につき8万円(一番小さなものでも)が、純粋な労働対価としてかかります。
そして、私自身で鞣した、この革でないと、この雰囲気を出す事が出来ません。

そういった理由で、この不況の折り、私も正直なところ、6月以降の売れ行きが非常に恐ろしいのですが、値上げすることにしました。

どうかご了承頂けましたら幸いです。



尚、chainに関してもpouch2種と同じ理由によります。
特に、私自身のワガママで制作したフック部分に大きなウェイトがあります。
現在、過去に書きました通り、フックはニホンジカの角をスライスして削って、形を作って制作しております。
ほぼ、昔、釣り針等を作っていたのと同じ様な感じです。
しかし、ニホンジカは小さいので、かなり大きい鹿の角でなければ作れません。
さらに、ある程度丈夫なフックを作ろうと思うと、一頭の鹿から16本程度のフックしか切り出す事が出来ません。

見た目、折れそうだし(実際に、取扱が荒いと簡単に折れるでしょう。これについては後日、詳しく書かせて頂きます)、市販のパーツでいいんじゃないの?と言われる事もあるのですが、やはり作者のワガママとして、このフックで、ようやくOGLALAのチェインになった、と自負しています。
つまり、このフックでないと、私の作品として、未完成なのです。



長々と書きましたが、以上どうかご了承頂けましたら幸いです。

尚、この度、turtle mini pouchも若干仕様変更を致しました。上の写真のモデルは変更後のものです。
[PR]
by oglala | 2009-05-18 19:27 | 仕様変更等のお知らせ

Medicine Necklace Porch 仕様変更

メディスン・ネックレス・ポーチにマイナー・チェンジを施しました。
e0114851_20373572.jpg

見た目に分からないかもしれないのですが、横幅を左右各5ミリずつ小さくしました。
また、最近長めに作っていたフリンジを短くしています。
より、満足のいくデザインになりました。


この商品を含む数点が平成21年4月受注分から値上げいたします。
詳細はまたあらためてご案内させて頂きます。


Medicine Necklace Pouch 新価格6000円(平成21年3月末日受注分まで5000円)
[PR]
by oglala | 2009-03-18 20:48 | 仕様変更等のお知らせ

Peyote Feather -L-

ワイルド・ターキーの羽の軸にペヨーテステッチを施したPeyote Featherを改良。
前タイプは11号ビーズを使用し、軸に直接巻いていたが、改良版は2サイズ小さい13号ビーズを使用。模様の可能性を拡げた。また、軸にはアンティーク・トレーディング・クロスを使用。
軸部分途中に革ひも等の装飾を入れる事で、下への重量が増え、壁やルームミラー、その他からぶら下げた時の安定感が増した。

なお、小型の羽を使用する作品の予定もあるため、今作から商品名後ろに「-L-」と着けて前作と区別する。また、前作は廃版。適用は今日以降のオーダー分から。

価格:¥5000

e0114851_1045023.jpg


上の写真の作品の納品店:FUNNY メンズ館店
[PR]
by oglala | 2008-07-08 10:45 | 仕様変更等のお知らせ

Peyote Zippo

Peyote Zippoを改良。
今まではラコタのものを踏襲し、ジッポーに直接ビーズを施していたが、金属に直接当たっているため、衝撃に弱かった。
今回のものから、一番衝撃の加わる部分に革を巻いた。薄い革なので完全とはいえないが、それでも多少は衝撃吸収力が増したと思う。
また、副産物として、革を巻いていない真ん中が軽く凹んで、握り心地が良くなり、見た目のボリューム感が増した。
e0114851_13242278.jpg

ペヨーテは、精神的にオーダー制での製作が難しい細工なので、このジッポーに限らず、近い内にオーダー制を廃止しようと思う。それ以降は、出来たものをウェブにアップするので、それを購入してもらうレディーメイドの形を取ろうと考えている。

尚、改良版の発表に伴い、価格が旧27000円から34000円に変更。

*画像の商品の納品先:FUNNYメンズ館

=====

この色柄、実はムカデをイメージしたもの。
[PR]
by oglala | 2008-07-06 13:30 | 仕様変更等のお知らせ

携帯ストラップ

携帯ストラップの仕様変更をした。価格等の変更は無し。
e0114851_19383859.jpg

使い込むと、ストラップ取付部の根元が摩擦等で千切れて来る。
これは分かってはいたのだけど、消耗パーツといってもいい場所で、ましてや価格の設定もかなり抑えているので、この修理を保証にするのかしないのかは、以前からの課題で、それもあってなかなか強化には踏み切れなかった。
また、こういう低価格設定商品は、OGLALAへの入門商品として位置づけているため、販売価格100円の違いが大きく売り上げに響く。

だが、どんなに低価格設定の商品であれ、例えそのために金額があがってしまっても、出来る事があるのならした方が良い。
そこで出来る限り金額を変えず、常識の範囲で使ってもらった場合の想定内で、トラブルを抑える事の出来る仕様変更をずっと考えていた。

パーツの素材、芯の長さ、補強の入れ方、全て含めて、上の条件を考えた上ではベストだと思う。


携帯ストラップ ¥2500
納入先: NEW DEAL(新潟)
[PR]
by oglala | 2007-09-10 21:31 | 仕様変更等のお知らせ

Round Keyholder仕様変更2

またまたRound Keyholderが仕様変更です。
e0114851_14192358.jpg

e0114851_14193691.jpg

フリンジ部の革ヒモを一本から二本に変更。普通の革ひもだと味が無いので、自分で鞣した鹿革を使用。革ひもにつける飾りを減らして、ワイルド味を向上させた。

Round Keyholder  ¥4200(価格変更等はナシ)
[PR]
by oglala | 2007-07-17 14:24 | 仕様変更等のお知らせ

素材変更のお知らせ

Medicine Necklace Porchの革を、オレゴン州のM氏の革から、自分で鞣したニホンジカの革へ変更いたします。将来的には価格の変更があるかもしれませんが、現時点では前と同一です。(¥5000)
e0114851_1752507.jpg

革の特性の関係でフリンジを短くしておりましたが、新しい革の特性を踏まえ、これよりフリンジが少し長くなります。その関係で、フリンジ部の飾りビーズの量が減る可能性があります。1個体づつ、革の部分部分の特性により、一番あった状態に仕上げます。

<新しい革に関して>
群馬県水上町にて穫れたニホンジカ。1歳程度。鞣し作業=岡居宏顕。ウェット技法、脳漿鞣し(ブレインタン)。
充分にアレルギー等のチェックはしておりますが、燻製の臭いが強いので、初めてもたれる方は、充分にかぶれ等の症状にご注意下さい。

関連記事工房雑記6月27日2007年号「The Oglala deer skin」
[PR]
by oglala | 2007-06-25 18:09 | 仕様変更等のお知らせ

Lazy Brac. size-L 価格変更

Lazy ブレスレットMサイズ、価格変更です。

旧価格¥7000
新価格¥8400

革の変更による価格変更。
旧:アメリカ・エルク(狩猟時期不明)、日本製(鞣し)、クロム鞣し
新:アメリカ・エルク(狩猟時期12月末)、アメリカ製(鞣し)、ドライ技法脳漿鞣し

特徴
クロム鞣しは本来スモークが不要な鞣し方の為、雰囲気的に色が着いていればいいので、どうしてもスモークが表面的なものになるが、脳漿鞣しの場合、スモークが必須なため、深い部分まで燻しが浸透する。よって、使用初めは色等にそれほど変化はないが、少し使用していくと、クロムで鞣したものは色が薄くなるが、脳漿により鞣されたものは逆に沈んだ深い色合いに変化する。

e0114851_23582084.jpg


写真のものは旧タイプ、クロム鞣しのもの。
[PR]
by oglala | 2007-04-20 23:59 | 仕様変更等のお知らせ

Round Keyholder仕様変更

e0114851_21582590.jpg

好評のラウンド・キーホルダー。一部仕様変更です。
ブラス・ビーズの入手難で、現在、韓国製のブラスビーズを居留地のビーズサプライを通じて輸入しておりますが、穴が非常に小さく、革ひもを通す事が出来ません。そこで現在ブラスビーズを使わずに製作しております。

ところで、今まではブラスビーズを使っていたのでコーン(革ひもについている管の様なもの)もブラスを使用しておりましたが、ブラスビーズを使わないという事で、ちょっと前に仕入れて愛蔵していた、非常に良いアンティークの鉛のコーンを使う事にしました。
コーンは本来、鉛かブラスでしたが、ブラスはちょっと時代が新しいものです。おそらく鉛の有毒性が示唆されてからのものではないかと思われます。というのも、コーンはもともと、西洋の缶詰等を利用して作られたと言われているからです。

アンティークのブラスコーンは緑青が出て雰囲気がありますが、鉛のコーンは黒く沈み、その味ではブラスに負けていません。

なお、鉛のコーンは、化学変化させてよりアンティーク調に最初から処理することも可能ですが、それはしないでおきます。
持っているうちに変化してゆく、その変化をお客様の手でお楽しみ下さい。


写真の商品の納入先 : NEW DEAL
[PR]
by oglala | 2007-03-23 22:12 | 仕様変更等のお知らせ