<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

価格変更の予告

OGLALAでは、商品の一部に、サービスプライスと申しますか、特別価格で提供させていただいている商品があります。それらはOGLALAへの入り口としてそういった価格設定がなされておりまして、実際にそこから入って、ヘビーユーザーにお成り頂いた方の話もよく伺います。まさにそれこそがこれらの商品価格を設定した狙いでしたので、大成功だったと言えると思いますし、各取り扱い店におかれましては、そこからお客様に興味を持って頂く第一歩として、実際に役立った事と思います。
が、一方では相当無理をした価格設定のため、売れれば売れる程、実際の製作活動に無理が生じて来ております。
そこで、これらの商品の価格を、通常の価格の設定に変更させて頂きたく、ここで予告させて頂きます。時期的には2007年7月末以降受注分辺りより移行を考えております。

現在価格変更を予定しております商品は、
Bangle S "Little Oglala" ¥3000→¥4500
Medicine Necklace Porch ¥5000→¥6000
その他、数点の商品が候補に上がっておりますが、それらに関しては、詳細が決まり次第、逐次お知らせいたします。
Medicine Necklace Porchに関しては、特別価格云々よりも、素材変更によるところが大きいです。Little Oglalaに関しては大幅な上昇になりますが、何卒ご理解を頂きたく、どうか宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by oglala | 2007-06-30 19:28

Whol納品分より

e0114851_2012682.jpg

年始から休業していた高知のWholが先週オープン。
早速のオーダーのうち、Medicine Necklace Porchに新しい革を使った。
色々とチェックをして問題なければ、月末に納品予定。

レザークラフトWHOL(フール)
高知県高知市丸池町2-1
088-861-3110
[PR]
by oglala | 2007-06-27 20:08

素材変更のお知らせ

Medicine Necklace Porchの革を、オレゴン州のM氏の革から、自分で鞣したニホンジカの革へ変更いたします。将来的には価格の変更があるかもしれませんが、現時点では前と同一です。(¥5000)
e0114851_1752507.jpg

革の特性の関係でフリンジを短くしておりましたが、新しい革の特性を踏まえ、これよりフリンジが少し長くなります。その関係で、フリンジ部の飾りビーズの量が減る可能性があります。1個体づつ、革の部分部分の特性により、一番あった状態に仕上げます。

<新しい革に関して>
群馬県水上町にて穫れたニホンジカ。1歳程度。鞣し作業=岡居宏顕。ウェット技法、脳漿鞣し(ブレインタン)。
充分にアレルギー等のチェックはしておりますが、燻製の臭いが強いので、初めてもたれる方は、充分にかぶれ等の症状にご注意下さい。

関連記事工房雑記6月27日2007年号「The Oglala deer skin」
[PR]
by oglala | 2007-06-25 18:09 | 仕様変更等のお知らせ

新商品のお知らせ

Feather (Qd Q) Earrings   ¥1800
e0114851_2271526.jpg

この商品は、少し前までラコタのアーティストが作っているのをよく見たもの。
初めてラコタに連れて行った時、アシスタントが最初に飛びついたものだ。
こういうタイプはサウス・ウェストの土産物屋などで、メキシコで作ったもの等が、よく売られているので、そういうものと価格面で比較されるのが嫌で、僕はそれまで眼中に無かったのだが、言われて良く見ると、とてもよく出来ていて、可愛い。
何より、着けた感じが人を選ばず、値段の割に高級感もある。

今はあまり作っていないのか、居留地の土産物屋にリクエストを出してもリストに入らなくなった。
そこで作ってみた。
要はラコタのコピー品である。

オリジナルを踏まえた上で気をつけたのは、ボンドを使わない事。オリジナルはボンドを多用していた。ボンドを多用するのは、現代ラコタのみならず、インディアンの細工師の特徴でもある。テキストや授業でもボンドを使う様に教えられている様だ。
しかし、これをすると、その時は良いのだが、修理が難しくなる等、弊害も多い(ただし、この商品は芯にクイルを使用しているため、修理は困難です。基本的に修理不可とお考え下さい)。

この商品は、名前をどうするか、非常に悩んだ。最初、Quilled Featherにしようかと思ったのだが、Quillはヤマアラシの針毛の他に、鳥の羽(Feather)の軸をも意味している。なので、「Q d(Quilled) Q(Quill)」、つまり「針毛で軸を作った羽」という名にした。

なお、近年、クイル材料の入荷が不安定になってきているので、材料が無くなり次第、生産は終了いたします。あらかじめご了承下さい。
[PR]
by oglala | 2007-06-24 22:31 | 新商品

ペヨーテ&フルーツ・グラデーション

新取引の店、Nalu(ナルー)からのリクエストにはペヨーテ・バングルが多かった。
ペヨーテ・バングルは、作れる数に限界がある。ネタがつきるというか、精神力が尽きるというか・・・
去年ちょっと数を作ったので、冬ぐらいからパタっと作れなくなって休んでいた。幸いその間、ペヨーテのオーダーが無かったので、その期間内に大分リハビリが出来ていた様だ。

さて、久々のペヨーテということで、カンを戻すためと今期どれぐらいの数が作れるか、自分の状態を見る為に、試し製作をした。
e0114851_1544716.jpg

実際にNaluのペヨーテの商品にかかるのはちょっと先なのだけど、僕の場合少し前から徐々に感覚を一つの作業に向けて準備して行かないと、どんなに小さなものでも作る事が出来ない。
e0114851_15571215.jpg

このバングルは配偶者へのプレゼントに。
意図してはいないんだけど、本当のペヨーテに、僕自身の色彩「フルーツ・グラデ−ション」が付加されたものになった。休み期間中に自分の中で、ペヨーテ・カラーとフルーツ・グラデーションが混ざって熟成されたのだろう。

こうなると結構な数を仕上げられるかもしれない。楽しみだ。

*フルーツ・グラデーション:
あくまで僕の感覚のみで作るグラデーションと地の色の組み合わせ法則。通常のラコタ・グラデーションや、僕のファミリー(Red Cloud家)のグラデーションは、「沈みこんでゆく色彩」なので、それを避けるうちに、独自の、ポップで明るい組み合わせと比率を作る事が出来る様になった。なんとなくフルーツっぽい華やかさなので、フルーツ・グラデーションと命名。今回のバングルの様な規則的な並びを比率で操る方法と、不規則な並びの中で全部の色を溶かさずに主張させて操る方法の二種がある。
アメリカの細工仲間やラコタの友人達を中心に、「Hilo Okai = fruity gradation」の認識がひろがってきている。

[PR]
by oglala | 2007-06-10 16:12

スペシャル・オーダー受付終了のご案内

ご好評頂いておりましたスペシャルオーダーですが、当分の間、休止させて頂きます。
ご了承下さい。

<スペシャル・オーダー>
商品のみ指定して頂き、着けられる方の写真等により、こちらの感覚でもっともご本人に似合う色目をお見立てして製作するプランです。
[PR]
by oglala | 2007-06-08 19:32

新規取り扱い店のお知らせ

大阪に新規取扱店です。

NALU
大阪府大阪市天王寺区舟橋町18-5
TEL : 06-6761-8877

基本的に各都道府県一店舗に取扱店は抑える方針なので躊躇したのですが、大阪の取扱店、ONE BLOODの柄氏の紹介ということもあり、晴れて取引が決まりました。
NALUさんは、前回日記に載せたブーツ(柄氏のアレンジ)や、SUNSHINE STUDIOのキャップ等で間接的にお世話になっておりましたので、素地が出来上がっているというか、オーナーのみならず、スタッフの方もOGLALAを気に入って下さっていました。
これは一番大切な事なんです。

また、柄氏も推奨した理由として挙げておられるのですが、日本での「インディアン・ビーズ」の文化を高める力のあるショップだと思います。

別注や企画商品等、色々と面白い事も出来そうで、楽しみです。
[PR]
by oglala | 2007-06-04 23:51 | 取扱店