<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Chain with 4 direction colors

客注。チェインを60〜70センチで、色がメディスン・ホイールの4方位色。
e0114851_21511461.jpg

同じ色のチップを重ねて行くと面白く無いものになったので、一つ一つのチップ毎に色組を変えた。
意味合いを考えて色組を作るのは結構難しかった。

商品の納品先 : One blood
[PR]
by oglala | 2007-08-29 21:57

Brac. #3

今回のコラボ・ブレスの最後。
e0114851_20581778.jpg

e0114851_20583335.jpg

彗星型だけど、今回の土台は前回のより少しビーズ面積が大きかった。
そこで、戦士のお守り、トカゲのイメージも組み込んだ。
[PR]
by oglala | 2007-08-25 20:59

Peyote Brac. collabotated with WHOL

WHOLコラボレーションブレス、ティア・ドロップ型第二弾。

なんとペヨーテを、平面ペヨーテで作った。
非常に贅沢なブレス。
買ってくれる人、居るだろうか(笑)

決して普段は無茶はしないんだけど、今回はちょっとWHOLのオーナーの男気に甘えて、やりたいことをやらせて頂いた。
e0114851_18213085.jpg

e0114851_18214356.jpg

e0114851_18215648.jpg

[PR]
by oglala | 2007-08-24 18:32

ヘールボップ彗星

1997年の5月。その年も、僕はラコタに居て、一日中ひたすら車を走らせていた。
夜中、ネブラスカからサウスダコタのパインリッジ居留地に帰って来る時、ふと思い立って、ヘッドライトを消してみた。
時速80キロ。まわりは真の闇。それでも草原のシルエットで、なんとなく道路の場所は分かる。

視線がヘッドライトに拘束されなくなって自由になると、地平線ギリギリまでひしめいている星が目に入って来る。

車は動いているのに、星は動かない。次第に距離感が麻痺し、速度感も方向感も麻痺してくる。
気がつくと、車は草原に半ば頭を突っ込み、止まっていた。

車から降りて空を見上げると、次第に上下も分からなくなり、自分を縛る重力からも開放され、身体が宙に浮くのを感じる。

その時初めて、地とではなく、宙と自分が繋がるのを感じた。

地平線ギリギリに、ほうきぼし。

数千年に一回、地球に姿を見せるこの星が、5月の間、毎夜、位置を少しずつ横に変えて、華麗な姿を見せてくれていた。


あの夜はとても何かに表せる様なものではないけど、たまたま高知のWHOLから来ていた変わった形のブレス(コラボレーション)、「好きな様にやって」と言われていたものに、星の様なコンチョが付いていたので、彗星をイメージしてみた。

その星、ヘールボップ彗星は、2400年後に、地球にまたやってくる。
e0114851_17334745.jpg
e0114851_1734034.jpg


WHOL
高知県高知市丸池町2-1
088-861-3110
[PR]
by oglala | 2007-08-22 17:34

Brac. Collaborated with WHOL

昨日に引き続き、WHOL納品分から、WHOLの岡林オーナーが土台を作ったブレスにビーズを施した。
e0114851_218185.jpg
e0114851_2181094.jpg
e0114851_2182013.jpg
e0114851_2182960.jpg
e0114851_21115120.jpg
e0114851_2112772.jpg

お問い合わせはWHOLまで。
WHOL
高知県高知市丸池町2-1
088-861-3110
[PR]
by oglala | 2007-08-15 21:09

アシスタント

今日は高知のWHOL納品分のピアスから。

右のBagle Earrings、よく見るとインディアン顔。これはアシスタントが完全に自分でシミュレーションして作ったもの。
e0114851_1851866.jpg

基本的にピアス類は最近、色目だけ指示をして、製作は、僕より仕事の丁寧なアシスタントに任せているのだけど、これに関してはシミュレーションの段階で面白かったし、色目もかなり着けやすくて人を選ばないので、すべてを口出しせずに、やらせてみることにした。

僕の作るものとは違った良さがありますね。遊び心と冒険心に溢れている。
でも、ラコタという基本から外れていないので、安心して任せる事が出来る。
アシスタントは一度しかラコタに行った事が無いのだけど、それでも僕の傍に居るだけで、きっちりと自分なりに消化していることが嬉しかった。

僕には、キレイにキッチリと作る、というこだわりがないので、今後が楽しみな、有難い作り手だ。

Bagle Earrings-5   ¥3600

WHOL
高知県高知市丸池町2-1
088-861-3110
[PR]
by oglala | 2007-08-14 19:11

時計バンドLとLL

カタログ等には時計バンドはSとMしか載せていないのだけど、LもLLも製作可能。
L=¥18000
LL=¥20000

時計バンドLL   ¥20000
e0114851_21322877.jpg
e0114851_21323895.jpg

上の商品は、NEW DEAL客注。
*時計はお客様の持ち込みです。時計バンドに時計は付属しておりません。
[PR]
by oglala | 2007-08-13 21:34

ヴィクトリノックス・ケース

なんだかんだ言っても、ヴィクトリノックスは便利だ。
今は貰い物の1.6795を使っているが、正直な話、何に使うものか分からないものや、「え?どれがウロコ落とし?」なんてものまで付いている。

この1.6795だが、厚みは3センチを越える位あり、ポケットに入れるには重量がある。かといって、キーリングは貧弱で、ベルトループにぶら下げるのは無理だ。

そこでケースを作ってみた。使った革は自分で鞣した鹿。でも自分用なので、本来商品には使えない場所を使った。
柄は、先日特注で作ったモカシンと同じ柄。自分用なので考えるのが面倒くさかったのだ。

あまりに余りパーツばかり使ったので、フリンジもこの土台には細すぎたりして、あまりやる気の無いものになったが、それなりにかえって味は出たかもしれない。
e0114851_2056962.jpg

写真も適当に撮ったので、なんだか少し歪んで見える。

まあ、こういうものも作れるという事で。
これで大体3万円ぐらいか。

裏は馬のヌメのタンニン鞣し。ベルトに直接付けるタイプ。ベルト直付けタイプは、ベルトを緩めた時に落ちそうになるので嫌いなのだが、小さくて重量があるので、これは仕方ない。
[PR]
by oglala | 2007-08-04 20:59