<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

FUNNY IMP店出荷

年内最後の出荷です。
e0114851_18383346.jpg

皆様、今年も大変にお世話になりました。
来年は心機一転、生産量も増やし、より純度の高い、魂の入った作品を手がけていきます。

その先駆けとして、medicine necklaceの柄と名前を変更しました。
賛否両論あるデザインと思います。

顔バージョン
e0114851_18411676.jpg

足跡バージョン
e0114851_18413648.jpg


年々、自分の言葉以外の言葉で語るのが苦手になってきました。
詳しくは、工房雑記をご覧頂ければ、有難いです。上手くは言い得なかったので伝わるかは分かりませんが、何日もかけて言葉を選んで書きました。伝わらない部分は、私自身の生き様で伝えていく他はありません。
[PR]
by oglala | 2010-12-28 18:45

New deal 出荷

New Deal 向け商品を出荷しました。
e0114851_2149253.jpg

今回の出色は時計バンドでしょうか。
e0114851_21504893.jpg

e0114851_21503265.jpg

大学時代の友人に、ちょっと嫌なヤツが居て、女の子達と徹夜ドライブをしている途中、民家もまばらな田舎の国道沿いの自販機前で、休憩に車を停めた時に仰ぎ見た満天の星を、あれは何座、あれは何ソレ・・・と講釈を垂れていたものです。実は僕も星座早見板や天体望遠鏡を持っていたぐらい星を眺めるのが好きなのですが、名前なんてどうでも良かった。満天の星達の、その一つ一つに名前があることは、それはそれで驚きに値する事だと思うのですが、その時の興ざめを現在まで引きずっているところを見ると、僕はそこに宗教に近い神秘を感じているのだと思います。
工房から見る星空は本当に神秘的です。夏は天の川も見る事が出来ました。でも残念ながら熊が恐くて今年はゆっくりと見る事が出来ませんでしたが。それがまた神秘性に拍車をかけます。また機会があれば、ラコタでやったように、地面に横になって満天の星空が見たいです。次第に自分が星を見下ろしている感覚が生まれ、やがて重力から解き放たれます。
今回の時計バンドは、そんな星をテーマにしました。大学時代の、その嫌な友人に習って、便宜上名前もつけました。青い方がM45プレアデス星団、いわゆる昴。赤い方がNGC6543、キャッツアイ星雲です。

そんな工房の僕の席から、見事な椿が咲いています。peyote earringsで真似てみました。
peyote earrings -tsubaki-
e0114851_21541644.jpg

peyote earringsは今回もパールを使っていたりと豪華です。
e0114851_2155317.jpg

なお、今回から時計バンドのアッパーの革と、バレッタの裏革を、共に馬から鹿のブレインタンに変更しました。
[PR]
by OGLALA | 2010-12-12 21:55

WHOL-出荷

WHOL向け商品、本日発送しました。
東照宮が、思った以上に評価が高いです。

e0114851_15184269.jpg

[PR]
by oglala | 2010-12-02 15:19